千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンのボーイング

   

前に小学生のお兄さんがいたので、

「はずかしい!」

と照れながらレッスン室に入ってきたK君。

 

お兄さんが帰った後、「ハタのおけいこ」から始めました。

「ハタのおけいこ」の時は(気が散らないように)なるべく集中しやすい環境にします。

IMG_3138

調子が良いと思っていると…

ちょっと楽しく思いついて…

IMG_3141

「お家では、完璧に出来ています。」

とお母様は、笑顔でおっしゃっていました。

 

ヴァイオリンは教本「バイオリンのおともだち」から始めました。

「おはなのトンネル」を弾きました。

IMG_3147

「日の丸」も弾きました。

K君はこの前のレッスンの時の「日の丸」より、メロディーが流れるように弾けるようになっています。

今日のレッスンポイントは、アップボウ(上げ弓)の手首の持って行き方です。

手首の上のラムネを、お口に持っていくように動かします。

IMG_3154

「手首の上のラムネ(ごはん)をお口に持っていくように」アップの右手を動かします。

そうすると、余分な力が入らず上手くいくようです。

IMG_3157

これは、私(講師)自身が恩師に教わりました。

お母様のSさんは、とても上手なアップです。

IMG_3159

ヴァイオリンは、良い(とされている)基本形を根気よく身に付けると、後の進み具合がとてもスムーズになります。

K君、この調子で頑張りましょうね!

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

HAUCHARDに入りました♪

当教室では、幼いお子様は、教本「ヴァイオリンのおともだち」という教本を使っていま …

サンタさんにもらったヴァイオリンで

この前のクリスマスにサンタさんからヴァイオリンをもらったMちゃん。 ヴァイオリン …

ヴァイオリンの弓の持ち方

ヴァイオリンの弓の持ち方は、日本では江藤俊哉先生のおかげで良くなったそうです。 …

次のコンサートで

クリスマスコンサートに参加したYちゃんとS君は「今度のコンサート(発表会)では何 …

重音のメロディー

「こんにちは!」 と元気な笑顔でレッスン室に入ってきたMちゃん。 今日は「日の丸 …

ヴァイオリンのボーイング

始めた時から「ヴァイオリンの構え方」「弓の持ち方」の良い形を、根気よくていねいに …

クリスマスコンサートに向けて 5

「サマーコンサート」で教本「ヴァイオリンのおともだち」の「あのつくもの なんだ? …

オーケストラの絵本

先日、MちゃんとRちゃんのお母様から 「教室に置いて、生徒さん皆さんで読んで頂け …

キャンプのヴァイオリン

今日の「毎日小学生新聞」の最後のページに載っていた記事。 ギリシャ・レスボス島の …

一流のヴァイオリンレッスン

当教室の大きな特典とも言えるのが「ご希望の方は 一流のヴァイオリンレッスンが受け …