千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

今日のヴァイオリン体験レッスン

   

今日のヴァイオリン体験レッスンは、5歳の男の子とお父さん。
お二人ともヴァイオリンは初めてとのことでした。

音楽が大好きで、月に一度は「サントリーホール」のコンサートを聴きにいらっしゃるそうです。

5歳の男の子、Y君は、教室にあるヴァイオリンのケースを開けたとたん、もう音を出してみたくてたまらない様子でした。
「ほら、そんなに勝手にいじったらいけないよ。」というお父さんの声に手が止まるのは数秒間だけ。
私(講師)は大急ぎで「体験レッスン」スタートです。
IMG_2963
「弓は、右の手の平をふわ~っと広げて、末関節の上にのせて、親指は置く感じですよ。」
と弓を持ってもらったと思ったら、ブンブン振り回して…でも、それほど時間がたたないうちに、ちゃんとコツをつかんでいました!ふわ~っと弓を持って、ヴァイオリンの良い音の出し方でA線とD線を弾きました。
「私は、いい(結構)ですから。」とおっしゃっている、お父さんにもヴァイオリンを構えて頂きました。
お父さんには、ちょっと申し訳ないかなと思いましたが、やはりY君は大喜び!
レッスンの最後に父子と講師で、ちょっとしたアンサンブルをしました。

お父さんのIさんは、当教室の特徴の「絶対音感教育」にとても御興味があり、とても熱心にそのお話を聞いていらっしゃいました。
(「絶対音感教育」は、年齢が6歳半までというデータがあります。Y君は5歳ですので、出来るだけ早く始められるようおすすめしました)
IMG_2981
おみやげの素敵なお菓子、どうもありがとうございます!

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのボーイング

ヴァイオリンは、最終的には、右手のボーイングによって決まるといわれています。 「 …

ヴァイオリンの小品からコンチェルトへ

いつもしっかりと練習をしてくるKちゃん。 今回のレッスンでは「HAUCHARD」 …

自分からヴァイオリン練習!

「最近、自分から練習するようになりました。」 とHちゃんのお母様のご報告。 「サ …

「ママとヴァイオリンの競争☺」

先週末で、息子さんのO君が自国へ帰ったため、今度はO君のためだけでなく、ご自分の …

音楽用語は、なぜイタリア語?

ヴァイオリン(に限らず、どの西洋楽器の)楽譜の音楽用語は、イタリア語が圧倒的に多 …

星のカービィ、ヴァイオリンを弾く

今日のレッスンで「星のカービィ」になってヴァイオリンを弾いていたA君。 レッスン …

ヴァイオリンの楽譜が読めるように!

教本「ヴァイオリンのおともだち」を全曲暗譜で毎日(半年以上)弾いていたMちゃん。 …

サマーコンサートに参加して

「ヴァイオリン発表会(といっても当教室レッスン室が会場の勉強会スタイルですが)」 …

ヴァイオリンの練習しています

O君とお母様は「ヴァイオリンの練習を生活に織り込んで」います。 (O君は「ハタの …

3拍子にノリやすくする方法

日本では、4拍子や2拍子の曲が圧倒的に多いため、どうしても3拍子の曲は歌いづらか …