千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

親子でヴァイオリン♪

   

「今日、Kくんは先生に弓の持ち方を聞くんだって張り切ってきました。」

とお母様のSさん。

来月3歳になるKくんは(少しずつですが)確実にヴァイオリンに馴染んできています。

今日のレッスンでは「バイオリンのおともだち」の1番をしっかりとした音で弾きました。

弓の持ち方を、くりくりした目でバッチリ確かめていました(とはいっても、もちろんほんの一瞬☺)

IMG_4859

 

レッスンの最後にはお母様とアンサンブルで弾きました♪

 

続いて、お母様のSさん。

Sさんは(オーケストラで10年くらい弾いていらしたので、本当は難しいものも弾けるのですが)この機会に基礎を一緒に勉強し直しても、とおっしゃるので、セブシックOp.1からチャレンジです。

セブシックOp.1は、ファーストポジションだけの、左指中心のテクニック習得教本です。

この教本は、単純な機械的な練習です。

単調ではありますが、指のすべての動きを、くまなく練習出来ます。

何より短い時間で習得することが可能です。

1,2,3番を少しずつやりました。

質を高めるため、ボーイングもしっかりチェックです。

Sさんは、ヴァイオリンの音がとてもきれいです。

ボーイングを少し吸い付けるようにすると、メロディーの表情が鮮明になっていきます。

IMG_4863

続いて音階。

「小野アンナ音階教本」です。

最初のページからゆっくりのテンポで弾きます。

弓の返しは「親指のあそびを上手に使って」スムーズに出来ることを確認。

最後に「弾く曲」をご相談。

リーディング作曲コンチェルトをやってみることに決めました。

ポイントは「弓を元から先まで豊かな音で弾けるように」です♫

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの8の字ボーイング

「8の字ボーイング」とは 元弓からダウン(下げ弓)するときは、ちょっと引きつける …

K君のお気に入りの曲

K君は、前回のレッスンからアンサンブルの出来る「日の丸変奏曲」を始めました。 「 …

「ママ(パパ)と一緒に」ヴァイオリン

当教室の大きな特徴ともいえる「親子で楽しめるヴァイオリン」。 当教室に通って来て …

サマーコンサートが近づいてきました

来たる7月21日(火)午後2時より、当教室のサマーコンサートが開催されます この …

「HAUCHARD」始めました

「今日は『HAUCHARD』から弾くの。」 と、Sちゃん。 1番からの「開放弦の …

クリスマスコンサートを終えて 2

「クリスマスコンサート」5日前に参加を決めたMちゃん。 Mちゃんは、お気に入りの …

時にはヴァイオリンで好きな曲も

譜面を読む力がずいぶんついてきたMちゃん。 教本「HAUCHARD」の最後のペー …

ヴァイオリンが楽しく 2

「前回のレッスンから、今回のレッスンまでHAUCHARDの49番から50番、51 …

ヴァイオリン曲の練習を中心に

「曲を弾くのが楽しくて、練習は曲中心になっています。」 というEちゃん。 基礎練 …

山の音楽家ヴァイオリニスト

このところ、J君は お母様が「良く練習しています。」とニッコリなさるくらいヴァイ …