千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンの速いパッセージを上手に🎶

      2015/07/20

速い運指、つまり、速いパッセージ(フレーズ)を弾く場合に、何の問題も無く、自分の思った通りに指が素早く動いている状態を「指が良く回る」と表現します。

「指をよく回す」ためには、なんといっても「脱力」がキーポイントとなります。

パソコンのキーボード操作と同じで、指の下りる場所が瞬時に判断出来ること、不必要な力を入れないことを、反復練習でマスターしていくしかありません。

そのためには、能率のよいフィンガリング、能率のよい指の運動を知ること、指一本一本を独立させることが必要です。

指の運動機能の向上を促す、筋肉トレーニングのためのエチュード(練習曲)もありますから、そういうのを利用するのも有効です。

簡単なパッセージを少しずつテンポを上げながら練習したり、トリル、簡単な音形を、付点や逆付点のリズムにして練習すると、かなり効果があります。

当教室では、「セヴシック 作品1ー1 」を使ってのレッスンもお勧めしています。

1回 5分くらいで出来るカリキュラムで、着実にテクニックがついていきます。

私(講師)の先輩は、「ヨーロッパの先生に、音程をより正確にとれるようにするため、セヴシックOp.1-1 だけをひと夏練習するように言われた」そうで、その結果、その先輩は「国際コンクール 第5位」を獲得しました!

 

楽器を使わないストレッチなども効果的です。

どの練習を選ぶにしても、一度に長時間する必要はありません。

指や筋を痛めてしまうなど、かえって逆効果ですから、1回5分から10分。あるいは指が痛くなったら止める、というふうに決めて練習しましょう。

毎日少しずつ続けることが、一番の近道です。

 

指の回りを良くするためには、「指の上下運動を少なくする」ことも、重要なポイントになります。

つまり「置いた指は出来るだけ置いたままにする」のです。

これがピアノとは決定的に違う運指運動なのです🎶

 

今週も、当教室の生徒さんたちの何人かは、きちんとこの練習をしてきています。回数は、同じ方でも週によってムラがあるかもしれません。

でもその回数の成果は、曲にすぐ反映されますから、本当にやりがいはあると思います(^-^)

頑張りましょうね!

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのネックと親指

親指の位置は、ポジションによって変わります。 第一ポジションから第四ポジションま …

ペコちゃんのヴァイオリン

「ネットで見つけました。」 これは、お母様のAさんのヴァイオリンケース。 Hちゃ …

リズム、音程をより正確に

毎日練習する習慣が身についているCちゃん。 今回のレッスンでも「セヴシックOp. …

嬉しい、マイヴァイオリン!

来月からレッスンがスタートするKちゃん。 昨日、Kちゃんの新しいヴァイオリンが届 …

クリスマスコンサートを終えて 3

クリスマスコンサートの後、ヴァイオリンのサイズアップをすることにしたS君。 (一 …

ヴァイオリン(ビギナー)の左手テクニック

左の「腕は身体につかないように注意する」 どんなに手が長くても、寄りかかったみた …

夏休みのヴァイオリンレッスン

夏休みのお子様達は、学校のある時にはないイベントが結構あります。 (前回のレッス …

やっぱりヴァイオリン、弾く!

レッスン室に元気よく入って来たHちゃん。 「お絵かきするから、紙ちょうだい!」 …

ヴァイオリンを構える前の準備

演奏する時の基本姿勢は、人それぞれに個体差がありますので 「どうならなければなら …

クリスマスコンサートに向けて

以前、音大の名誉教授ヴァイオリンの先生が 「発表会は小さい子がいないと、おもしろ …