千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンを鳴らす

   

Mちゃんは「弓をまっすぐに弾く」というのが上手です。

IMG_9046

「ヴァイオリンを鳴らす」のに大切なのは「弓をまっすぐに弾けるかどうか?」です。

ヴァイオリンなどの弦楽器は、弦をこすって(摩擦して)音を出す楽器です。

ですので、なるべく無駄のない速度と重力(サウンディングポイント)で弦を弾きます。

正しい方向(弦に対して、ほぼ直角)できちんと弦をこすっているか気をつけます。

そうすれば、楽器はなります。(ほとんど雑音が出ない感じで)ちゃんと鳴ります。

力を入れても楽器は鳴ってきません。楽器は摩擦による振動で鳴るものだからです。

弓で弦をこすって、その弦を見ていると「振動しています…震えています」。

これが、楽器の「鳴り」です。

弦を振動させるには、正しい速度と正しい重力で弾くことが重要です(実にシンプル♪)

音を十分に出すためには、弦を弓で効率よく摩擦するようにします。弦に弓をきちっと乗せて(当てて)こすることが出来るようになると、音はでます。

それにしてもMちゃんは(ちょっと休憩中に借りた)お母様のフルサイズヴァイオリンでも「正しい方向で、弦をこすること」が出来ます。「弓が弦に対してちゃんと直角に」なっています。そして、自分の耳で「出ているヴァイオリンの音色」を聞きながら弓の圧力も調整しています。

 

Mちゃん、その調子で頑張りましょうね!

 - 未分類

Comment

  1. 斎藤真愛 より:

    先日はお言葉に甘えてレッスンしていただきありがとうございました。サンタさんから届いた新しいヴァイオリンで早速練習しております。1月5日17時からのの初レッスンですが、先生のご都合がよろしければ9時半から1時半までの時間でレッスンのお時間を変更していただければと思いご連絡いたしました。ご都合が悪ければ予定通り5時で構いません。お忙しい年末に大変申し訳ございませんがご連絡よろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの8の字ボーイング

「8の字ボーイング」とは 元弓からダウン(下げ弓)するときは、ちょっと引きつける …

サマーコンサートのリハーサル 2

O君は、今回初めてコンサートに出演します。 ホールではなく、当教室のレッスン室で …

今日のヴァイオリン体験レッスン

今日のヴァイオリン体験レッスンは、5歳の男の子とお父さん。 お二人ともヴァイオリ …

ヴァイオリンで「第九」を

去年の暮れから、すっかり「第九(ベートーベン作曲 交響曲第九番)」のファンになっ …

ヴァイオリンを選ぶ理由

先日、始めた生徒さんのお母様が「なぜヴァイオリン?」「ピアノでない理由は?」と。 …

クリスマスコンサートを終えて 1

今年の「クリスマスコンサート」が初出演のRちゃん。 曲は教本「ヴァイオリンのおと …

ヴァイオリンを毎日練習しました♫

「A君と『ヴァイオリンを毎日練習したら、どのくらい上手になるかしら?』と話し合っ …

ヴァイオリンの楽しみ プラス・アルファ

Kちゃんは、当教室にヴァイオリンのレッスンに通う以外にも 「梅ヶ丘ジュニアオーケ …

スプリングコンサートでは

「2017 スプリングコンサート」では、良い演奏をする生徒さんが多くいらっしゃい …

ヴァイオリンの弓の準備

弓の手元のネジを巻いて「弓の真ん中あたりで、小指が入るくらいの すき間」に張りま …