千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンの大きさ

   

今日が2回目のレッスンのMちゃん。

レッスンの後、お母様のヴァイオリンを借りて弾いてみせてくれました。

かなり大きいのに、ヴァイオリンの弓を弦の上に「ほぼまっすぐに」乗せて弾いていました!

Mちゃんはヴァイオリンの音の鳴らし方、弦に対して弓を直角にあてるということを知っています。

(そんなには長い時間ではありませんが)レッスンもしっかり頑張っています。

「弓の体操」に始まり、開放弦の練習、左指も始めました♪

 

IMG_8277

IMG_8281

楽器が楽器として認められるための第一条件は、演奏のしやすさにあるといわれています。

少し違う(特に一回り大きい)サイズのヴァイオリンを弾いてみると、ほんの少しの大きさの違いで弾きやすさがだいぶ違うことが分かります。楽器の大きさの違いから受ける負担は思っているより大きいものです。

 

ヴァイオリンのフルサイズの大きさは、ほぼ一定しています。標準サイズは600ミリメートル(胴の長さは355ミリメートル)です。これは、オールド・ヴァイオリンのクラシカルモデル(理想とする楽器)を基準にしているからです。

幼児(や特に小柄な方)のために作られた楽器を分数ヴァイオリンといいます。

あまり使っている方はいらっしゃいませんが、レディス・サイズとも呼ばれる 7/8 サイズもあります。私の友人も一人レディス・サイズを使って音大を卒業していましたが、卒業後小さめのフルサイズに変えていました。フルサイズの小さめのヴァイオリンの方が数も多く、質も良い物が多いようです。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのボーイング

前に小学生のお兄さんがいたので、 「はずかしい!」 と照れながらレッスン室に入っ …

「ママ(パパ)と一緒に」ヴァイオリン

当教室の大きな特徴ともいえる「親子で楽しめるヴァイオリン」。 当教室に通って来て …

小さなお子様のヴァイオリンの進め方

始めてまだ間もないお子様のヴァイオリンレッスン 足を肩幅に開いて、地球の重力を感 …

ヴァイオリン練習の工夫

Hちゃんのお母様は、Hちゃんが少しでもヴァイオリンの練習が楽しくなるように、いろ …

ヴァイオリン、少しずつ♪

「絶対音感」に続き「弓の体操」を終えたHちゃんは(ちょっと遊びたくなったようです …

3歳になったばかりの

3歳になったばかりのSちゃん。 お家のピアノの調律をしたとたん、「ハタのおけいこ …

ヴァイオリンの小品からコンチェルトへ

いつもしっかりと練習をしてくるKちゃん。 今回のレッスンでは「HAUCHARD」 …

スプリングコンサートでは

「2017 スプリングコンサート」では、良い演奏をする生徒さんが多くいらっしゃい …

ヴァイオリンが良い音で

幼稚園に入って、また一段と成長したHちゃん。 今日のレッスンも、弓の体操からニコ …

ヴァイオリン譜が読めるように

Kちゃんは、ここのところヴァイオリンの譜読みの力がずいぶんついてきました! *楽 …