千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

やっぱり嬉しい自分だけのヴァイオリン

   

先日お子さんのヴァイオリンを購入されたお母様から嬉しいメールが届きました。
「自分の楽器という事の偉大さ!外出して遅く帰宅したにもかかわらず、娘がケースを開けて一人練習を始めました。びっくりです!」
自分だけのヴァイオリンが持てるのは、モチベーションが上がりますよね!本当に良かったです。

一昔前は「安かろう悪かろう」だったヴァイオリンが「安くても、しっかり作ってあるので安心して使えるし、音も悪くない」ヴァイオリンに変わってきました。
ヴァイオリンは身長によってサイズが変わるので「お金がかかる」とか「ちょっと敷居が高い」とお思いの方も少なくないようです。
でも実は、
*普通の電子ピアノの価格より、お手頃価格です。(初心者が充分使える楽器が3万円台からあります)
さらに付け加えて、
*置く場所をとりません。
*ヴァイオリンは空中で音を鳴らすので、音量も意外に大きくありません。

中国では、ヴァイオリンはかなりの安価なものからあり、ピアノよりずっと身近な楽器だときいたこともあります。

自分だけの楽器は、自分だけの音が鳴ります。
これは余談ですが、美人ピアニストの先輩が「生徒さんを教えると、自分のピアノの音色が変わってしまうから、私は今のところ教えないのよ。」と言っていました。ちょっとびっくりしましたが、そうなのかなあとも思いました。
そう言えば、当教室の小さな生徒さんの中にもチューニング(弦の音を合わせる)をしようと小さな楽器にさわろうとした途端「私の楽器にさわらないで!!」…まあ、この場合は「ごきげんナナメ?」☺

IMG_3239

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリン、少しずつ♪

「絶対音感」に続き「弓の体操」を終えたHちゃんは(ちょっと遊びたくなったようです …

ヴァイオリンのチューニング(調弦)にチャレンジ

「今日は、先生に調弦を教わるんだって張り切ってきました。」 とお母様。 早速、調 …

ヴァイオリンの小品からコンチェルトへ

いつもしっかりと練習をしてくるKちゃん。 今回のレッスンでは「HAUCHARD」 …

ヴァイオリンでパーティー演奏

お友達と一緒に、パーティーで演奏することになったY君。 曲は「花も」だそうです。 …

「スプリング・コンサート」では

ドレスアップしている生徒さんたち。 開演5分前の会場(当教室のレッスン室)です。 …

ヴァイオリンを人前で

「今月末に、ヴァイオリンを人前(教会学校)で弾くことになりました。」 という、S …

クリスマスコンサートに向けて 8

久しぶりのレッスンだったAちゃん。 元気にレッスン室に入ってきました。 絶対音感 …

オーケストラの絵本

先日、MちゃんとRちゃんのお母様から 「教室に置いて、生徒さん皆さんで読んで頂け …

クリスマスコンサートに向けて 9

今年の「クリスマスコンサート」で、K君は弾きたい曲がたくさんあります。 毎回のレ …

ヴァイオリンのボーイング

プロとアマチュアのボーイングの違い 初心者と上級者のボーイングを比べてみて、どこ …