千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンの左指先の力

      2015/07/26

ヴァイオリンの弦を押さえる、左指の力は、そんなに強くはありません。

指先は、ほんの少しの力です。

正しい位置に指を置いて、腕の重みを指の先で支えるようにして弦に乗せるという感覚が大切なのです。

押さえる力が強すぎると速く指を動かすのが難しくなり、また美しいヴィブラートがかかりづらくなってしまいます。

弦を押さえる指先は必要最小限の力で押さえることが大切なのです。

ヴァイオリンを弾くのに強い握力は必要ありませんが、指先を細かく動かす筋力は不可欠で、その上で脱力など様々な要素が組み合わさっていきます。

「弦を押さえる指先の力は、どのくらい必要なのかを体感する方法」

1. A線の 第3ポジションで、3の指(薬指で、Fの音)を、弦の上にふわっと軽く置きます。

2. 右手で弦をはじきます。ふわっと押さえている状態ですから、この時点では、ほとんど音が鳴りません。

3. 右手でリズミカルのポンポンとはじきながら、少しずつ弦を押さえる左手の指先で圧力を加えていきます。

始めは音にならなかったのが、指先で圧力を加えていく段階で、ある時を境に、きれいに響くようになり、音量も大きくなるかと思います。

それ以上は、いくら強く押さえても、音は変わりません。この辺りの力加減を目安にすると良いかと思います。

ピッツィカート奏法の時は、弓で弾くより弦を押さえる力が必要です。そのことも知っていると役立ちます。

ちょうどいい左指先の力加減を体感するのに、ピッツィカートを使ったこの方法は、よい練習になります。

是非お試しを!

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今週のヴァイオリンレッスンポイント

今週のポイントは、弓を持つ右手親指の「あそび」です。 弓を持つ右手親指ががっちり …

ヴァイオリンのおともだち

今回のレッスンで、Mちゃんは「バイオリンのおともだち」を20曲続けて弾きました。 …

今日はパパとヴァイオリンレッスンに

お父様と、ヴァイオリンのレッスンにいらっしゃる生徒さん。 そんなには珍しくはない …

新年ヴァイオリンレッスンスタート♪

昨日から、2018年のヴァイオリンレッスンがスタートしました。 お正月休みで「練 …

クリスマスコンサートに向けて

以前、音大の名誉教授ヴァイオリンの先生が 「発表会は小さい子がいないと、おもしろ …

雪の日のヴァイオリンレッスン

お日様は出ていたものの いつもより歩くのがちょっと大変な中、レッスンに来てくれた …

クリスマスコンサートに向けて 5

「サマーコンサート」で教本「ヴァイオリンのおともだち」の「あのつくもの なんだ? …

ヴァイオリンのケースに入れて

ヴァイオリンのケースに入れておくとよいもの (あまりたくさん入れるとケースが重た …

ヴァイオリンのアレグロ

ヴァイオリン曲で「アレグロ」といえば、フィオッコ作曲の「アレグロ」が、最初に出会 …

新しい曲も

ていねいに練習をしているK君とお母様。 新しい曲を、自分の力(譜読み力)で弾ける …