千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

「HAUCHARD」の最後のページ

   

「HAUCHARD」は当教室でヴァイオリンを始められた生徒さんの多くが使っている教本です。フランスのオシャール先生が作った教本で、ヴァイオリンの基礎力が無理なくしっかりと身に付くようになっています。

昨年春からヴァイオリンを始めたCちゃんは、今日のレッスンで最後のページの最後の段の音階練習に行き着きました!

img_1482

最後のページには、6つのDur(長調)と、3つのmoll(短調)の音階が書かれています。それぞれの音階を、10種類の異なるボーイングやリズムで練習するミッションとなっています。

大人の生徒さんでも手ごたえのある練習です。

1. 全音符(4拍)ゆっくり弓で弾きます。弓の元から先まで「均一の音量、均質」を目指して、弓の返しで音が衰退したり止まったりしないよう気をつけます。

2. デタシェ:はっきりしたボーイングで、ほぼ全弓をスピードのある4分音符(1拍)で弾きます。

3. 元弓(弓の全体の3分の1の元の部分)を4分音符で弾きます。フロッグ(毛箱)から始めて戻ってくるようにします。

4. 先弓(弓の全体の3分の1の先の部分)を4分音符で弾きます。音が痩せないよう右手人差し指に上手に重みをかけて弾きます。

5. いわゆる「ヘミオレ:シンコペーション…..拍と音の変わり目がずれる」練習です。

6. 5番と同じくシンコペーション風ですが、ボーイングのスラーが1小節にまたがって長いものの練習です。

7. 8分音符の細かい均一の音符の弾き方の練習です。

8. 「元弓→全弓→先弓→全弓→元弓」というボーイングの練習です。

9.アップのスタッカートの練習です。スタッカートの音の発音をはっきりとさせて、響かせるように弾きます。

10. 付点4分音符と8分音符の混合練習です。正確なリズムで弾きます。

 

Cちゃんは、この練習をキッチリできるようになっています。

全ページ、クリアしましたね!
YちゃんとKさんも今日からチャレンジです♪

  

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの重音を上手に

重音とは、2つ(以上)の音を一緒に鳴らす和音のことです。 この重音をヴァイオリン …

ヴァイオリンレッスンの後に

ヴァイオリンの鳴らし方が上手なT君。 T君のヴァイオリンは、演奏に流れ(歌)があ …

楽しみにしていたヴァイオリン♪

今月からスタートのAちゃん。ヴァイオリンを始めるのを、本当に楽しみにしていたそう …

スプリングコンサートに向けて 2

まだ「スプリングコンサート」に出演予定調整中のTちゃんと お母様のHさん。演奏予 …

分数ヴァイオリンセット

今日は、朝から「弦楽器 山下」の店長さん、山下さんに当教室まで来てもらました。 …

ヴァイオリンが楽しく 1

「サマーコンサート」で「ウェーバー作曲 狩人の合唱」を弾いたS君。   …

ヴァイオリンを選ぶ理由

先日、始めた生徒さんのお母様が「なぜヴァイオリン?」「ピアノでない理由は?」と。 …

ヴァイオリンのアレグロ

ヴァイオリン曲で「アレグロ」といえば、フィオッコ作曲の「アレグロ」が、最初に出会 …

ランチタイム・ヴァイオリンコンサート

今日の「ヴァイオリン・ソロ・コンサート」は、聴衆の皆様の暖かい雰囲気に包まれて、 …

コンサートのリハーサル 1

「スプリング・コンサート」まで1週間。 コンサート前の最後のレッスンは、リハーサ …