千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンを弾いているから

      2016/05/17

「ヴァイオリンを弾いているから、僕頭良いんだ!」

とお家でO君が言っていたそうです。

お母様のAさんが、

「アインシュタインは、科学者にならなかったらヴァイオリニストになっていたかもしれないくらい、ヴァイオリンの名手だったそうですね。ビックリしました。その話をO君にしたら、ヴァイオリンを弾く人は頭が良いと思ったようです。」

と笑顔でおっしゃっていました。

「世界の最優秀大学5校全てに合格した男子生徒は、ヴァイオリンもかなり上手なんだそうです。」

という話もして下さいました。

O君は、お兄さんとお母様がヴァイオリンを弾くのを見ていて「ヴァイオリンはどうやって弾けば良いか?」を知っているようです。

今回は3回目のレッスンですが「ヴァイオリンの弦に弓を吸い付けるように乗せる」のが自然に出来ています。

IMG_4469

お母様のAさんは、O君の使っている教本「ヴァイオリンのおともだち」を弾いて、O君のレッスンポイントを確認なさっています。

IMG_4476

今回のポイントは「今の状態(弓を持つ腕が固くならず柔軟性があります)を維持しながら、左指を入れていくように心がける」です。

弾いていて少しくずれても「良い基本形」に戻すようにしていれば「良い基本の奏法習得」につながります。

根気よく「良いとされている基本の奏法」を身に付けると、後がとてもスムーズです☺

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンが良い音で

幼稚園に入って、また一段と成長したHちゃん。 今日のレッスンも、弓の体操からニコ …

コンサート前の「おみくじ」

「クリスマスコンサート」前の最後のレッスンのK君。 K君はサマーコンサート以降、 …

ヴァイオリンの重音を上手に

重音とは、2つ(以上)の音を一緒に鳴らす和音のことです。 この重音をヴァイオリン …

「ママ(パパ)と一緒に」ヴァイオリン

当教室の大きな特徴ともいえる「親子で楽しめるヴァイオリン」。 当教室に通って来て …

自分のペースでヴァイオリンを

Yちゃんは「ウェーバー作曲 狩人の合唱」に取り組んでいます。 自分のペースで「今 …

仲良しの二人でヴァイオリン

Rちゃんは、先月末から とても仲良しの大おば様とヴァイオリンを始めることにしまし …

ヴァイオリンの構え方

ヴァイオリンの構え方がとっても上手なHちゃん。 今回のレッスンでも自然に「左手を …

コンサートのリハーサル 1

「スプリング・コンサート」まで1週間。 コンサート前の最後のレッスンは、リハーサ …

スプリングコンサートに向けて 4

今回の「スプリングコンサート」の演奏曲目は「HAUCHARD」の「Ding,di …

ヴァイオリン教室の窓から

今週は、ヴァイオリン教室から見える庭に植木屋さんが入って、とってもサッパリきれい …