千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

3歳になったばかりの

   

3歳になったばかりのSちゃん。

お家のピアノの調律をしたとたん、「ハタのおけいこ」がビックリするほどできるようになりました。

Sちゃんには「赤」「黄色」のハタの和音の違いがはっきりと分かるようで、ニコニコしながら、すぐに「キイロ!」「アカ!」と答えていました♪

「絶対音感教育」は可能ならば2歳から始めると良いといわれていますが、Sちゃんの耳の良さに、お母様のAさんが一番驚いていらっしゃいました。

img_1900

ヴァイオリンは、「弓の体操」から始めます。弓の持ち方、特に右手親指が向こう側へ抜け出ないように気をつけながら体操をしています。4種類の体操を、嬉しそうな顔で元気にしているSちゃんです。

教本「ヴァイオリンのおともだち」の「あのつくもの なんだ?」からスタートです。

ずいぶん安定して弾けるようになっています。四分休符の「お休みを正確に」できるようにポイントをおきました。

Sちゃんのお気に入りは「はなの ワルツ」です。3拍子の曲で、「ダウン、アップ、アップ」とアップのボーイングがスタッカートで続きます。何度か繰り返し 手を添えて練習してみました。するとSちゃんは、コツをつかんだようで、一人でも弾けるようになりました。

img_1908

お母様のAさんもヴァイオリンをよく練習なさっています。

「HAUCHARD」の67番「月のひかり」を、弓の端から端までのびやかなボーイングで良い音程、良いリズムでお弾きになりました。

img_1915

Sちゃんもお母様のAさんも順調な「ヴァイオリン ライフ」スタートですね♫

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリン、順調です♪

自分でヴァイオリンを始めて、ほとんど毎日練習をしているRさん。 今回のレッスンで …

サマーコンサート・リハーサル 1

来週末、7月23日(土曜日)は「サマーコンサート」が、ヴァイオリン発表会「初デビ …

「HAUCHARD」始めました

「今日は『HAUCHARD』から弾くの。」 と、Sちゃん。 1番からの「開放弦の …

着実に弾けるように

ヴァイオリンの練習と、絶対音感教育の「ハタのおけいこ」を、ほぼ毎日欠かさずやって …

生徒さんからのカード♫

「スプリングコンサート」に参加した生徒さんからの「カード」です。 ヴァイオリンを …

ヴァイオリンの8の字ボーイング

「8の字ボーイング」とは 元弓からダウン(下げ弓)するときは、ちょっと引きつける …

ヴァイオリンのチューニング(調弦)に挑戦

ヴァイオリンは、自分でチューニングできる楽器です。 きちんとピッチの合っているヴ …

スプリングコンサートに向けて 1

来月の「スプリングコンサート」で 「HAUCHARD」の「Ding,ding,d …

音楽用語は、なぜイタリア語?

ヴァイオリン(に限らず、どの西洋楽器の)楽譜の音楽用語は、イタリア語が圧倒的に多 …

基本形を大切に

「とにかく基本形が大事だと思っているんです。」 とK君のお母様。 K君が弾いてい …