千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

レッスンの回数を重ねて

   

レッスン室にニコニコしながら入って来たMちゃん。

「すぐにヴァイオリンのレッスン、始めたい!」

絶対音感教育の「ハタのおけいこ」を終えた後、

さっそく「弓の体操」を始めました。

Mちゃんは、何でもハイスピード。

でも「がむしゃら」ではなく「きちんとコントロールできる」ところがスゴイ。

「親指、まるくなっているかしら?」

と声をかけると、スッと「完璧な親指のフォーム」になります。

「バイオリンのおともだち」は、最初の「あのつくもの なんだ?」から始めました。

きちんと全部弾きます。

時折(洋服のせいもあってズレ落ちてくる)ヴァイオリンを、元の位置に戻しながら、弾いていきました。

今日のレッスンで、新しい曲「あかいリンゴ あおいリンゴ」をやりました。

初めて4の指(小指)がでてきました。

4の指の押さえ方は、方向にポイントがあります。

Mちゃんは「ウフフ」と楽しそうでした☺

IMG_1055

 

IMG_1060

お母様のMさんは「HAUCHARD」の32番から、D線の1(人差し指)と2(中指)をくっつける(半音)の型の練習をやりました。

出てくる4の指のところで、お嬢さんのMちゃんの練習ポイントを確認して頂きました。

IMG_1066

お母様のMさんは、レッスンの最後に

「左指は、いつでも隣の弦に触れないようにしていた方が良いのですか?」

というご質問。

「指をトンネルのようにして押さえなくてはならないのは、重音または重音のように押さえて弾く場所と、音をクリアに繊細に弾きたい時です。」

 

質問、大歓迎です♪

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

お気に入りのヴァイオリン曲

A君は、葉加瀬太郎の「Another Sky」が大好きです。 先日のレッスンも、 …

「スプリング・コンサート」では

ドレスアップしている生徒さんたち。 開演5分前の会場(当教室のレッスン室)です。 …

3拍子にノリやすくする方法

日本では、4拍子や2拍子の曲が圧倒的に多いため、どうしても3拍子の曲は歌いづらか …

レッスン室の窓から

予報通り、雪が降ってきました。 レッスン日の方は、どうぞお気をつけていらして下さ …

ヴァイオリンを選ぶ理由

先日、始めた生徒さんのお母様が「なぜヴァイオリン?」「ピアノでない理由は?」と。 …

ハロウィンの日のヴァイオリンレッスン

今朝、ヴァイオリンレッスンの後、ハロウィンパーティーに参加したMちゃん。 その帰 …

つっかえることなしに20回!

ある程度のレベルの曲になってくると(どんなヴァイオリン曲でも)難しいパッセージが …

雪の日のヴァイオリンレッスン

お日様は出ていたものの いつもより歩くのがちょっと大変な中、レッスンに来てくれた …

山の音楽家ヴァイオリニスト

このところ、J君は お母様が「良く練習しています。」とニッコリなさるくらいヴァイ …

親子でヴァイオリン

ある程度進んでくると、レッスン時間内で全部の曲を弾くのが難しくなってきます。 J …