千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

レッスンの回数を重ねて

   

レッスン室にニコニコしながら入って来たMちゃん。

「すぐにヴァイオリンのレッスン、始めたい!」

絶対音感教育の「ハタのおけいこ」を終えた後、

さっそく「弓の体操」を始めました。

Mちゃんは、何でもハイスピード。

でも「がむしゃら」ではなく「きちんとコントロールできる」ところがスゴイ。

「親指、まるくなっているかしら?」

と声をかけると、スッと「完璧な親指のフォーム」になります。

「バイオリンのおともだち」は、最初の「あのつくもの なんだ?」から始めました。

きちんと全部弾きます。

時折(洋服のせいもあってズレ落ちてくる)ヴァイオリンを、元の位置に戻しながら、弾いていきました。

今日のレッスンで、新しい曲「あかいリンゴ あおいリンゴ」をやりました。

初めて4の指(小指)がでてきました。

4の指の押さえ方は、方向にポイントがあります。

Mちゃんは「ウフフ」と楽しそうでした☺

IMG_1055

 

IMG_1060

お母様のMさんは「HAUCHARD」の32番から、D線の1(人差し指)と2(中指)をくっつける(半音)の型の練習をやりました。

出てくる4の指のところで、お嬢さんのMちゃんの練習ポイントを確認して頂きました。

IMG_1066

お母様のMさんは、レッスンの最後に

「左指は、いつでも隣の弦に触れないようにしていた方が良いのですか?」

というご質問。

「指をトンネルのようにして押さえなくてはならないのは、重音または重音のように押さえて弾く場所と、音をクリアに繊細に弾きたい時です。」

 

質問、大歓迎です♪

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの基礎練習

練習の最初の時間を基礎練習に 練習の始めの基礎練習は、指慣らし、つまりウオーミン …

ヴァイオリンのボーイング

前に小学生のお兄さんがいたので、 「はずかしい!」 と照れながらレッスン室に入っ …

熱心にヴァイオリン練習♪

今月からヴァイオリンを始めたMちゃん。お家でも、とても良く練習しているそうです。 …

3拍子にノリやすくする方法

日本では、4拍子や2拍子の曲が圧倒的に多いため、どうしても3拍子の曲は歌いづらか …

誕生日の日のヴァイオリンレッスン

今日はMちゃんの誕生日でもありました\(^o^)/ 「明けましておめでとうござい …

ヴァイオリン譜が読めるようになってから

教本「ヴァイオリンのおともだち」を始めから終わりまで繰り返し何ヶ月も毎日練習して …

ヴァイオリンの弓の持ち方

ヴァイオリンの弓の持ち方は、日本では江藤俊哉先生のおかげで良くなったそうです。 …

サマーコンサートに向けて 4

今回の「サマーコンサート」では「HAUCHARD」の49番の「G-Durの音階」 …

ヴァイオリンのレッスンバッグ

「外出先でこの生地を見つけて、ヴァイオリン用のレッスンバッグを作りました。」 「 …

ヴァイオリンのチューニング(調弦)にチャレンジ

「今日は、先生に調弦を教わるんだって張り切ってきました。」 とお母様。 早速、調 …