千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリン着実に♫

   

「HAUCHARD」の49番の音階から弾き始めたCちゃん。

左指の押さえ方(特に小指の方向)が良くなりました。

IMG_0483

Cちゃんは「毎日の練習を生活に織り込んで」が出来ていらっしゃいます。そんなには長い時間ではないかもしれませんが、「毎日練習」が出来るというのは、やはりスゴイことだと思います。

「毎日練習」していらっしゃる方のヴァイオリンの音には「深み」があります。

そして「同じフレーズを弾けば弾くほど上手になる」という特徴があります。

初見で間に合わせることの出来る器用な人は「同じフレーズを弾くとだんだんくずれて」しまったりします。

もちろんCちゃんはのヴァイオリンの音は「言葉のような深み」があります。

 

今回のレッスンでは、「HAUCHARD」の他に「セヴシック」、そして曲は「マジャールの踊り」をやりました。

今日のレッスンポイントは「より正確な音程を」です。まだヴァイオリンが少し大きめですので、特に3(薬指)が低くなってきていないか気をつけるようにします。

「マジャールの踊り」は、最初の一段目の下降形の音階の音程が難しく、左指の位置が隣の弦に移る時に「斜め移動」が必要なところがあります。それが「頭のなかで、正確に分かって左指を動かしているか?」が重要です。

Cちゃんは(お母様が一緒にいらっしゃる時もありますが)基本は一人でレッスンに来て、自分で練習しています。

今回のレッスンポイントも、しっかりと覚えて

「はい、分かりました!」

と元気な笑顔でレッスンを終わりました☺

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

草加教室の発表会

来たる9月26日(土)に、草加教室の「ピアノ発表会」があります。 場所は埼玉県草 …

素敵なヴァイオリン曲

「『(リーディング作曲 ロマンス」は素敵な曲ね!』と喜んでヴァイオリンを弾いてい …

ヴァイオリンレッスンノート役立っています

ヴァイオリンレッスンノートは、上手に活用するとGood! 毎回ちゃんとヴァイオリ …

重音にチャレンジ

K君は、サマーコンサートで「日の丸変奏曲」の第2ヴァリエーションまで弾きました。 …

ヴァイオリン(ビギナー)の左手テクニック

左の「腕は身体につかないように注意する」 どんなに手が長くても、寄りかかったみた …

コンサート前の「おみくじ」

「クリスマスコンサート」前の最後のレッスンのK君。 K君はサマーコンサート以降、 …

ヴァイオリンは自分で工夫して

Cちゃんは、毎朝夕の練習が、生活に織り込まれています。 朝は「セヴシックOp. …

次のコンサートで

クリスマスコンサートに参加したYちゃんとS君は「今度のコンサート(発表会)では何 …

自分のペースでヴァイオリンを

Yちゃんは「ウェーバー作曲 狩人の合唱」に取り組んでいます。 自分のペースで「今 …

雪の日のヴァイオリンレッスン

お日様は出ていたものの いつもより歩くのがちょっと大変な中、レッスンに来てくれた …