千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンが良い音で

   

幼稚園に入って、また一段と成長したHちゃん。

今日のレッスンも、弓の体操からニコニコやってくれました。「Hちゃん、お弓は左手じゃなくて右手で持って下さいね!」「いいんだよ、こっちの方が持ちやすいもん。」するとお母様のAさんが「Hちゃん、弓の体操やってご覧なさい。右手の方がラクですよ。」「ホントだー!」

IMG_3691

ヴァイオリンの持ち方は「ゲームのような楽しいやり方」で何度もやりました。

IMG_3692

IMG_3696

ヴァイオリン教本「バイオリンのおともだち」の2番を良い音で弾いてくれました。Hちゃん「弾けた!ヴァイオリン弾けた!」と大満足。Hちゃんは時間をかけているだけあって「ヴァイオリンの音の出し方が深い」「ヴァイオリンが身体に馴染んでいる」ようです。Hちゃんのペースをくずさず、しっかり続ければ必ず上達します。

Hちゃんのヴァイオリンのために、お母様のAさんもヴァイオリンを一緒にやってくれています。

今日、Aさんは「HAUCHRD」の1〜9で開放弦の練習、D線の練習の20,21をやりました。Hちゃんの「バイオリンのおともだち」も何曲か弾きました。

IMG_3699

今日のポイントは左指小指 4 の押さえ方。これは最初に丁寧に練習して形を覚え、いつでもその形がキープ出来るようにすると、後々非常に有利です!

IMG_3703

 

小指の方向は「音に芯がちゃんとある」「速いパッセージが弾ける」「ヴィブラートがかけられる」などがかかっています。

私自身は上の写真のAさんのように押さえられずに音大を卒業してしまいました。試験曲に出てくる重要な音はすべて4(小指)以外の指で弾かないと音量がガクッと落ちてしまうため、指使いが「かなり無理のある、音程を正確に取るのが難しいもの」になってしまいました。本人はもちろん、恩師の悩みになっていたようです。それを知ったのは、生まれたての娘を連れて恩師宅にご挨拶にお伺いしたところ、出ていらした恩師が、娘の顔でなく、小さな手の小指を 手にとって「良かったわね、ゆりちゃん!小指、まっすぐじゃないの!本当に良かったわ。」

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

山の音楽家ヴァイオリニスト

このところ、J君は お母様が「良く練習しています。」とニッコリなさるくらいヴァイ …

ヴァイオリン譜面台を2台に

当教室では親子でヴァイオリンをなさっている方が少なくないので、今日の朝 譜面台を …

お気に入りのヴァイオリン曲

A君は、葉加瀬太郎の「Another Sky」が大好きです。 先日のレッスンも、 …

ト音記号はヴァイオリン記号

Πヴァイオリンの楽譜は、(殆ど全部)ト音記号で書かれています。 この「ト音記号」 …

サマーコンサートに向けて 1

「Sちゃんは、今度のサマーコンサートで『お花のトンネル』を演奏することにしたよう …

ひとりでも弾けるように

「この3日間ほど、O君は急にモチベーションが上がってきたようです。」 と嬉しそう …

ヴァイオリンのお友達と一緒に

いつもは違うレッスン日の「ヴァイオリンを弾くおともだち」。今週は、珍しくレッスン …

ヴァイオリンのおともだち

今回のレッスンで、Mちゃんは「バイオリンのおともだち」を20曲続けて弾きました。 …

ヴァイオリンのおけいこ

日本のヴァイオリニストで「鷲見三郎先生」を知らない人はまずいないと思います。 研 …

夏休み最後のヴァイオリンレッスン

今回の夏休みに、音楽会にも足を運んだY君。 「タタタターン!」 「ベートーヴェン …