千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンもスマートに♪

   

前の生徒さんが終わっていない時は、ヴァイオリンの用意をしてから「弓の体操」をサッと始めるMちゃん。

夏休みの間に背も高く腕も長くなったMちゃんは、今日から「サンタさんからもらったヴァイオリン」になりました。

img_0311

今回のレッスンでは「HAUCHARD」の71番までと、「ウェーバー作曲 狩人の合唱」をやりました。

前回のレッスンで弾いた「HAUCHARD」の60番「Reverie」の二重奏曲は、Mちゃんはとても気に入ったようです。この曲以外にも、Mちゃんは「レッスンでは終わった練習曲」でも必要と思ったものは続けて毎日練習しているそうです。(繰り返し弾いていると、ヴァイオリンの音色に深みが出てくることもあり、とても良いです♪)

Mちゃんのお母様は、ヴァイオリンをお弾きにならない代わりに「新しいテクニック」や「新しい曲」など、お家の練習に役立ちそうなビデオを(iPadのようなもので)録画したりする工夫をなさっています。

そうはいってもヴァイオリンの練習を、なるべく正確な良いものにするため、Mちゃんは真剣に弾き、分からないことなどの質問もします。

今日の質問は「『狩人の合唱』の最後の3和音の弾き方が分からなくなってしまったので、もう一度教えて下さい。」でした。左指の5度は一本の指で二本の弦を押さえるので、ちょっとコツが要ります。ボーイングも2弦ずつ素早く移弦するやり方を、何度か繰り返しやってみました。

始終ニコニコして、ハキハキとしているMちゃんは(きっと学校でもそうなんだと思いますが)ヴァイオリンレッスンを受ける姿勢が優等生です。

自分のペースでヴァイオリンを楽しんでくださいね☺

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

初めてのヴァイオリン

これからヴァイオリンを習ってみようかなという人の場合は、まず、自分の楽器を手に入 …

クリスマスコンサートを終えて 4

毎週 着々と成長の見られるSちゃん。 教本「ヴァイオリンのおともだち」も、一人で …

ヴァイオリン譜が読めるようになってから

教本「ヴァイオリンのおともだち」を始めから終わりまで繰り返し何ヶ月も毎日練習して …

サマーコンサートに向けて 5

今回初めてコンサートに参加することにしたH君。 レッスン室に入って来て、ヴァイオ …

音楽用語は、なぜイタリア語?

ヴァイオリン(に限らず、どの西洋楽器の)楽譜の音楽用語は、イタリア語が圧倒的に多 …

ヴァイオリンのフィンガーボード表

ヴァイオリンを弾くのをとても楽しんでいらっしゃるAさん。そのAさんの質問です。 …

ヴァイオリン教室の窓から

今週は、ヴァイオリン教室から見える庭に植木屋さんが入って、とってもサッパリきれい …

小さなお子様のヴァイオリンの進め方

始めてまだ間もないお子様のヴァイオリンレッスン 足を肩幅に開いて、地球の重力を感 …

キャンプのヴァイオリン

今日の「毎日小学生新聞」の最後のページに載っていた記事。 ギリシャ・レスボス島の …

ヴァイオリンが上手になったら

今日はレッスン時間より少し早めにいらしたAちゃんとお母様のKさん。 Aちゃんは、 …