千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

同じヴァイオリン曲を

   

お母様のKさんが弾いていらっしゃる「ウェーバー作曲 狩人の合唱」にチャレンジすることにしたJ君。

IMG_4596

ちょっと難しくて大変なところもありますが、一生懸命頑張っています。

この曲もそうですが「アウフタクトで始まる曲」は、ヴァイオリンの場合、アップ(上げ弓)から始めます。弓先、または弓の真ん中辺りを弦にのせて準備してから弾きます。

うっかり間違えても、J君はきちんと弾き直しながら進みました。

 

全体的に、歯切れのよい音楽ですので、ボーイングはマルカート…はっきりした音になるよう、スピードを上手に使います。

それに伴い、左指もしっかり押さえ(押さえている)指より下の指…3の指だったら2と1 を一緒に押さえることも大切です。

 

J君とお母様のKさんが

「お家でやってみたのですが、上手く出来なくて」

という、曲の最後の重音。

左指の指使いがヴァイオリンテクニックでも難しい 5度。

指一本で2弦を「音程をよく」押さえるのにちょっとしたコツが要ります。

高い音の弦に指の重心を置くと音程がとりやすいです。

弓は「G線とD線の重音を弾いたと同時に移弦」します。

 

J君は、この左指のある重音のロングトーンを

「ムズカシイ!」

と笑顔でガンバっていました☺

 - 未分類

Comment

  1. 斎藤まな より:

    本日5時よりレッスンの斎藤です。
    体調が悪くもし先生のご都合がよろしい時があれば振替レッスンをお願いしたいのですが、
    レッスン中かと思い電話は控えました。直前でもうしわけありません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

スプリングコンサートに向けて 3

3歳になったばかりのKちゃん。 およそ2週間後に迫った「スプリングコンサート」に …

妹のヴァイオリン準備も

絶対音感教育「ハタのおけいこ」も白鍵の9種類が全部分かるようになってきたHちゃん …

仲良しの二人でヴァイオリン

Rちゃんは、先月末から とても仲良しの大おば様とヴァイオリンを始めることにしまし …

ヴァイオリン虫

週末に家族で上野の昆虫博物館に行ったK君。 レッスン室のじゅうたんに仰向けになっ …

小さなお子様のヴァイオリンの進め方

始めてまだ間もないお子様のヴァイオリンレッスン 足を肩幅に開いて、地球の重力を感 …

今年最後のヴァイオリンレッスンで

今週は「今年最後のヴァイオリンレッスン」が次々と行われています。 Hちゃんは、少 …

「ママ(パパ)と一緒に」ヴァイオリン

当教室の大きな特徴ともいえる「親子で楽しめるヴァイオリン」。 当教室に通って来て …

3拍子の新しいヴァイオリン曲

「バイオリンのおともだち」を最初から順に弾いたMちゃん。   「これが …

ヴァイオリンのアレグロ

ヴァイオリン曲で「アレグロ」といえば、フィオッコ作曲の「アレグロ」が、最初に出会 …

ヴァイオリンのボーイング

ヴァイオリンは、最終的には、右手のボーイングによって決まるといわれています。 「 …