千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

お姉さんとヴァイオリン♫

   

今日は春休み寸前のレッスン。

いつもより早く帰宅したAちゃんのお姉さんのNちゃんも、ヴァイオリンのレッスンに初めて一緒にいらっしゃいました。

急に「ホスト」のAちゃんは、張り切ってヴァイオリンレッスンスタートです。

せっかくですので、お姉さんのNちゃんも「ヴァイオリン体験レッスン」です。

まずは「弓の体操」から。

IMG_2283

Aちゃんは「バイオリンのおともだち」の1番「あのつくもの、なんだ?」から弾きました。

今日は9番の「おいしいなあ」まで進みました。

お姉さんの前で、格別頑張ったAちゃんです。

IMG_2285

お次は、お姉さんのNちゃんです。

ヴァイオリンは初めてです。

弓を持つ右腕を、力が入らないように気をつけて弾きます。

「ゼーリング」のヴァイオリン二重奏も2曲弾きました。

弾いているうちに、どんどんボーイングが上手になってきました。

IMG_2290

お母様のKさんも、ヴァイオリンをなさっています。

今日は「HAUCHARD」の37番から47番までやりました。

今回のレッスンポイントはE線の1の指(人差し指)の押さえ方です。

E線は端っこの線ですので、左指が寝てしまいやすいので、指を少し立てるようにすると上手くいきやすいです。

IMG_2296

レッスン最後に、Kさんの質問です。

「左の親指は、どのくらいヴァイオリンを支えるのですか?」

「軽く支える程度です。」

もう少しすると、ポジション移動などが出てきますし(ガッチリ支えていると移動出来ないかも?)、あまりしっかり支えると、他の左指の自由が少なくなってしまいます。音程を正確にとるのに支障が出てくる場合もあります。

ご自身のちょうどよい『 V 』の字型にして、ヴァイオリンのネックを支える親指の力の入れ具合のコツをつかむまで、根気よく工夫してみましょう☺

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの弓は まっすぐに

「先日行った演奏会で、ヴァイオリニストの弓が、最初から最後まで一部足りとも滑らず …

「HAUCHARD」始めました

「今日は『HAUCHARD』から弾くの。」 と、Sちゃん。 1番からの「開放弦の …

ヴァイオリンを自分で弾く

ヴァイオリンレッスンを始めて、最初の数ヶ月 自分からは弾こうとした事がなかったJ …

妹のヴァイオリン準備も

絶対音感教育「ハタのおけいこ」も白鍵の9種類が全部分かるようになってきたHちゃん …

クリスマスコンサートを終えて 3

「クリスマスコンサート」の後、2回目のレッスンのJ君。 今回のレッスンから「セヴ …

ヴァイオリンのアレグロ

ヴァイオリン曲で「アレグロ」といえば、フィオッコ作曲の「アレグロ」が、最初に出会 …

ヴァイオリンの練習しています

O君とお母様は「ヴァイオリンの練習を生活に織り込んで」います。 (O君は「ハタの …

コンサート前の「おみくじ」

「クリスマスコンサート」前の最後のレッスンのK君。 K君はサマーコンサート以降、 …

ヴァリエーションにチャレンジ

いつもニコニコしながらレッスン室に入ってくるK君。 絶対音感教育の「ハタのおけい …

ヴァイオリンの大きさ

今日が2回目のレッスンのMちゃん。 レッスンの後、お母様のヴァイオリンを借りて弾 …