千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンを選ぶ理由

   

先日、始めた生徒さんのお母様が「なぜヴァイオリン?」「ピアノでない理由は?」と。

「ピアノ」は確かに「ヴァイオリン」人口の何倍かいます。それに、ヴァイオリンが弾ける人でピアノも弾く人も少なくありません。

今日の「体験レッスン」の方は、「ピアノより特別な感じがあるから、ヴァイオリンをやらせてあげたいと思って来ました。私は楽器が出来ないので、子供には楽器が弾ける人になって欲しいんです。」と言っていました。
IMG_3499

また別の方は「梅ヶ丘ジュニアオーケストラ」に入団出来たら嬉しいなと思っています。」
演奏仲間がいると、同じ楽器が弾けるお友達がいると、モチベーションアップしますよね!
ヴァイオリンはたくさんの(3人以上でも)人と一緒に弾けます。
「梅ヶ丘ジュニアオーケストラ」では、譜面さえ追えれば、弾けるところだけ弾けば良いそうです。

これは余談ですが、これに付け加えておきたいと思うのは「楽しむことと、上手になりたい、ということは別」ということです。オーケストラに入って楽しんでみるとわかりますが、みんなでいっせいに弾くと「弾けていない場所、出来ない場所がカバーされ、なんだか弾けた気分になる」のです。弾く音符の数も多いので(この私でも)ヴァイオリンの音が荒れてしまいます。
ヴァイオリンでオーケストラに参加するときは、ちょっと気をつけるだけで違います。
長時間ヴァイオリンを持つことになるので、どの人も「ヴァイオリンの音の厚みが出てくる」「身体がヴァイオリンに馴染んでくる」。その他にも「いろいろな弾き方を知る」「良い弾き方を真似できる」など、良いこともいっぱいあります!!

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今日はヴァイオリン教本◯番まで

教本「ヴァイオリンのおともだち」を弾いているO君は「今日は◯番まで弾く」と決めて …

「HAUCHARD」始めました

「今日は『HAUCHARD』から弾くの。」 と、Sちゃん。 1番からの「開放弦の …

絶対音感トレーニング順調に

絶対音感トレーニングを始めた生徒さんたちは、順調に耳が育っています。 お家の方々 …

ヴァイオリンは曲で

今日のレッスンでも、基礎練習の「セヴシックOp.1」の1番から3番までを少しずつ …

自分のペースでヴァイオリンを

Yちゃんは「ウェーバー作曲 狩人の合唱」に取り組んでいます。 自分のペースで「今 …

夏休みのヴァイオリンレッスンでは

プライベートレッスン中心のヴァイオリン教室では、「お教室仲間」は限られた方にしか …

ひとりで弾こう

今回のレッスン、Hちゃんは頑張りました! 「ハタのおけいこ」 も、ピアノの音に集 …

プチ「サマーコンサート」

コンサート当日、都合により参加出来なかったAちゃんとお母様のKさんの「プチ サマ …

クリスマスコンサートを終えて 3

クリスマスコンサートの後、ヴァイオリンのサイズアップをすることにしたS君。 (一 …

ヴァイオリンの音程

ヴァイオリンの音程。 「音程は、ヴァイオリンを手にした人すべての課題なんですよ。 …