千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

今日の体験レッスン

   

今日の体験レッスンは、うっかり写真を撮らせてもらうのを忘れてしまいました。
なので、代わりに「体験レッスン」でMちゃんが使った当教室の分数ヴァイオリンの写真です。
IMG_3117
Mちゃんは、新一年生。
幼稚園で2年間ヴァイオリンを習っていたそうです。
ヴァイオリンはその幼稚園のレンタルだったそうで、今回の体験レッスンは、当教室の備品でレッスンでした。
Mちゃんは「きらきら星」や「愛の挨拶」などを、とてもきれいな音で弾いてくれました。
「きれいなヴァイオリンの音」で弾くというのは、自分の耳の中に「ヴァイオリンの良い音」があるということ。
「ヴァイオリンの良い音」を出すことに興味がある、ということで、とても大切です。

体験レッスンは、すぐにスタートです。
(何しろ小さなお子様はタイマーがついていて、ゆっくりお話をしていると帰るモードになってしまいます☺)
お決まりの「弓の体操」から始まりです。
弓の持ち方を確認します。
(今回のMちゃんのお母様もご協力下さったので、一緒に「体験レッスン」です)
弓を持つ右の親指は、特に丁寧にMちゃんに説明しました。
Mちゃんは、かなり吸収力の高いお嬢さんでした。
もちろん、すぐに今までの持ち方になったりもしますが「親指、できるかな?」
と声をかけるとパッと「音色に変化をつけやすいスタンダードな持ち方」に変えられます。
左指の押さえ方もしかり。スムーズにレッスンが進みました。
Mちゃんはもちろん、お母様も、弓の持ち方を変えるとヴァイオリンの音色が豊かになっていく事や、左指の押さえ方(特に人差し指)を立てるようにするとヴァイオリンの発音が鮮やかになることを、実感していただけたのではないかと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンを構える前の準備

演奏する時の基本姿勢は、人それぞれに個体差がありますので 「どうならなければなら …

ヴァイオリンの楽譜を読みながら

背は高めですが、小学生になるまでは2年近くあるHちゃん。 今年になって始めた「H …

ヴァイオリンのボーイング

前に小学生のお兄さんがいたので、 「はずかしい!」 と照れながらレッスン室に入っ …

ヴァイオリンの8の字ボーイング

「8の字ボーイング」とは 元弓からダウン(下げ弓)するときは、ちょっと引きつける …

ヴァイオリンの練習時間増やして

「HAUCHARD 」の最後のページの音階は、10種類のボーイングテクニックの勉 …

ヴァイオリンのチューニング(調弦)に挑戦

ヴァイオリンは、自分でチューニングできる楽器です。 きちんとピッチの合っているヴ …

リズム、音程をより正確に

毎日練習する習慣が身についているCちゃん。 今回のレッスンでも「セヴシックOp. …

素敵なヴァイオリン曲

「『(リーディング作曲 ロマンス」は素敵な曲ね!』と喜んでヴァイオリンを弾いてい …

2歳10ヶ月でも1時間

ずいぶん前に恩師が 「芽の出る子どもは、どんな先生についても弾けるようになるもの …

ヴァイオリン着実に♫

「HAUCHARD」の49番の音階から弾き始めたCちゃん。 左指の押さえ方(特に …