千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

今日の体験レッスン

   

今日の体験レッスンは、うっかり写真を撮らせてもらうのを忘れてしまいました。
なので、代わりに「体験レッスン」でMちゃんが使った当教室の分数ヴァイオリンの写真です。
IMG_3117
Mちゃんは、新一年生。
幼稚園で2年間ヴァイオリンを習っていたそうです。
ヴァイオリンはその幼稚園のレンタルだったそうで、今回の体験レッスンは、当教室の備品でレッスンでした。
Mちゃんは「きらきら星」や「愛の挨拶」などを、とてもきれいな音で弾いてくれました。
「きれいなヴァイオリンの音」で弾くというのは、自分の耳の中に「ヴァイオリンの良い音」があるということ。
「ヴァイオリンの良い音」を出すことに興味がある、ということで、とても大切です。

体験レッスンは、すぐにスタートです。
(何しろ小さなお子様はタイマーがついていて、ゆっくりお話をしていると帰るモードになってしまいます☺)
お決まりの「弓の体操」から始まりです。
弓の持ち方を確認します。
(今回のMちゃんのお母様もご協力下さったので、一緒に「体験レッスン」です)
弓を持つ右の親指は、特に丁寧にMちゃんに説明しました。
Mちゃんは、かなり吸収力の高いお嬢さんでした。
もちろん、すぐに今までの持ち方になったりもしますが「親指、できるかな?」
と声をかけるとパッと「音色に変化をつけやすいスタンダードな持ち方」に変えられます。
左指の押さえ方もしかり。スムーズにレッスンが進みました。
Mちゃんはもちろん、お母様も、弓の持ち方を変えるとヴァイオリンの音色が豊かになっていく事や、左指の押さえ方(特に人差し指)を立てるようにするとヴァイオリンの発音が鮮やかになることを、実感していただけたのではないかと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのレッスンポイントを

今日が3回目のレッスンのHan.ちゃんとHay.ちゃん。 最初に「弓の体操」から …

レッスンの待ち時間にも

いつでも礼儀正しいMちゃんは、パッと明るいでレッスン室に入ってきます。 そして、 …

ひとりでも弾けるように

「この3日間ほど、O君は急にモチベーションが上がってきたようです。」 と嬉しそう …

ヴァイオリンのレッスンノート

このところ、読譜力がついてきて、集中力も続く時間が増えてレッスンで弾ける量が多く …

ヴァイオリンの構え方

ヴァイオリンの構え方がとっても上手なHちゃん。 今回のレッスンでも自然に「左手を …

曲を中心にヴァイオリン習得

当教室では、初心者の方や 小さなお子様用に、教本「バイオリンのおともだち」を使用 …

スプリングコンサートに向けて 5

今回のコンサートでは、お母様のピアノ伴奏でディズニー「夢はひそかに」を演奏する予 …

ヴァイオリンの速いパッセージを上手に🎶

速い運指、つまり、速いパッセージ(フレーズ)を弾く場合に、何の問題も無く、自分の …

ヴァイオリンの譜読み

楽譜に「ドレミ」などの音名さえ書いてあればスイスイとヴァイオリンを弾けるT君。 …

レッスン室の窓からの雪景色

すごい雪! 午後になって、当教室の前の道路の雪も随分溶けたようです(ちょっとホッ …