千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

今日の体験レッスン

   

今日の体験レッスンは、うっかり写真を撮らせてもらうのを忘れてしまいました。
なので、代わりに「体験レッスン」でMちゃんが使った当教室の分数ヴァイオリンの写真です。
IMG_3117
Mちゃんは、新一年生。
幼稚園で2年間ヴァイオリンを習っていたそうです。
ヴァイオリンはその幼稚園のレンタルだったそうで、今回の体験レッスンは、当教室の備品でレッスンでした。
Mちゃんは「きらきら星」や「愛の挨拶」などを、とてもきれいな音で弾いてくれました。
「きれいなヴァイオリンの音」で弾くというのは、自分の耳の中に「ヴァイオリンの良い音」があるということ。
「ヴァイオリンの良い音」を出すことに興味がある、ということで、とても大切です。

体験レッスンは、すぐにスタートです。
(何しろ小さなお子様はタイマーがついていて、ゆっくりお話をしていると帰るモードになってしまいます☺)
お決まりの「弓の体操」から始まりです。
弓の持ち方を確認します。
(今回のMちゃんのお母様もご協力下さったので、一緒に「体験レッスン」です)
弓を持つ右の親指は、特に丁寧にMちゃんに説明しました。
Mちゃんは、かなり吸収力の高いお嬢さんでした。
もちろん、すぐに今までの持ち方になったりもしますが「親指、できるかな?」
と声をかけるとパッと「音色に変化をつけやすいスタンダードな持ち方」に変えられます。
左指の押さえ方もしかり。スムーズにレッスンが進みました。
Mちゃんはもちろん、お母様も、弓の持ち方を変えるとヴァイオリンの音色が豊かになっていく事や、左指の押さえ方(特に人差し指)を立てるようにするとヴァイオリンの発音が鮮やかになることを、実感していただけたのではないかと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの8の字ボーイング

「8の字ボーイング」とは 元弓からダウン(下げ弓)するときは、ちょっと引きつける …

ヴァイオリンの右手首

「先生、質問があるんです。」 と、Hちゃん。 そのHちゃんのお母様が 「ヴァイオ …

草加のヴァイオリン教室から

(講師の実家、草加のヴァイオリン教室の)お隣さんのお庭の柿を頂いてきました。 今 …

サマーコンサートが近づいてきました

来たる7月21日(火)午後2時より、当教室のサマーコンサートが開催されます この …

ペースをくずさず、好きな曲をヴァイオリンで♪

ヴァイオリンを楽しく続けるためのコツ。そのひとつは、 自分のペースをくずさないこ …

クリスマスコンサートに向けて 3

今年のサマーコンサートで「日の丸変奏曲」をきれいな音で弾いたK君は、コンサート後 …

ヴァイオリンの左指が上手に

「お家でも、ヴァイオリンの弦を押さえる左指の形がとっても良いんです。」 とお母様 …

バレエの前のヴァイオリンレッスン

今朝は8時からヴァイオリンレッスン! Aちゃんは、10時から始めるバレエ教室の前 …

ヴァイオリンの音程

ヴァイオリンの音程。 「音程は、ヴァイオリンを手にした人すべての課題なんですよ。 …

サマーコンサートに向けて 3

今回のコンサートで「ウェーバー作曲 狩人の合唱」にチャレンジすることにしたS君。 …