千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンの譜読み(音取り)

   

新しく始める曲。

楽譜をページを開いてから、まずは実際にヴァイオリンを構えて音を一つ一つ丁寧に拾っていきます。

この作業を「音取り」といいます。音符だけでなく、休符も正確に読み取っていきます。

普通の人は一度間違って覚えたものを、正しいものに覚え直す作業は苦手かと思います。

最初が大切(肝心)です♫

音を拾ったら、音符以外のもの:「楽語」「ダイナミック(強弱)記号」「休符の意味」「フレーズ」などを読み取る作業を始めます。楽譜に書いてあるもの全てが音楽です。それが「譜読み」なのです。

いきなり音を出すと、音符など最小限のものしか見えなくなってしまうことがありますので「弾く前に一通り目を通してみる」と良いです。(これは講師自身も音大時代に諸先生方に教えて頂いた記憶があります)

同時にイメージする音楽にする音楽に合った思われる奏法を、選んでいきます。You Tubeなどの演奏を聴いてみるのも参考になると思います。

G君は最近始めた「クライスラー作曲 コレルリの主題による変奏曲」を注意深く音程をとり、ボーイングやダイナミックにも気を付けて取り組んでいます♫

 - ヴァイオリン小話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの肩当てに

ヴァイオリンの「肩当て」で人気の高い「KUN 」や 同型の「FOM」などは、何か …

ヴァイオリンのA線

ヴァイオリンの調弦はA線から始めます。 A(ラ)を基準にするようになった理由は、 …

ドイツのヴァイオリン教本

先日、銀座の楽器店で「Sassmannshaus(サスマンスハウス) 」という、 …

ヴァイオリンの読譜

ヴァイオリンの「読譜」は 1: 何の音(ド・レ・ミなど) 2:どこの線(A線・D …

ヴァイオリンの構え方

ヴァイオリンを構える時に、最も大切なのは「自然に構えている:リラックスしている状 …

ヴァイオリンの肩当て固定法

「この肩当て、すぐに落ちちゃうんだよ。」 と、Y君。 肩幅があまり広くない方は、 …

自分からヴァイオリン練習

昨年のホールでのコンサートで、頑張って練習したRちゃん。 「自分が主体になってヴ …