千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリン演奏本番前には

   

少し前の話ですが、

「Eちゃんは、頭の切り替えが上手ですね。」

と、恩師が褒めていらっしゃいました。

 

今では有名なヴァイオリニストになった方がまだ学生の頃、学業とヴァイオリンの練習との両立に苦しんでいたそうです。

ある日先生が指をパチンと鳴らして

「これで頭のスイッチを、パッと切り替えなきゃダメですよ。」

「まるでテレビのチャンネルを替えるように、頭の中を切り替えるのですよ。」

 

プロのヴァイオリニストとしてステージに立つのであれば、

プロではなくても、一生懸命練習した発表会、いやレッスンでも、

直前に自分にとってアクシデントがあったとしても(指をパチンと鳴らして)これで、別世界。気分転換ができるように!

頭の中で切り替える練習です。

指をパチンと鳴らして(頭の中で)、それまでのすべてを「忘れる」訓練です。

どんな悩みがあっても、どんなアクシデントが身に起こっても、その瞬間から「考えない」訓練です。

言い変えるなら「無になる」ことです。

毎日訓練しているうちに、少しずつできるようになります。

なかなか難しい場合は「考えない」のではなく「考えるのをストップする」ことから始めてみます。

これができるようになれば、普段の日常生活にも役立つこともあるかと思います。

自分が今やるべきこと、その時にやらなければならないこと、または大きな夢や目標を達成するために、頭の切り替えができるように工夫してみるのはオススメです。

 

様々な曲(小品など)を次々に演奏する時も「頭の中で場面展開」が必要です。

一曲ごとに情景が変わるのです。頭の切り替えを瞬時にして、全く異なる世界が展開します。

頭の中にたくさんのチャンネルを用意して、曲ごとの情景をイメージしながら音にしていきます。

 - ヴァイオリン小話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのA線

ヴァイオリンの調弦はA線から始めます。 A(ラ)を基準にするようになった理由は、 …

ドイツのヴァイオリン教本

先日、銀座の楽器店で「Sassmannshaus(サスマンスハウス) 」という、 …

自分からヴァイオリン練習

昨年のホールでのコンサートで、頑張って練習したRちゃん。 「自分が主体になってヴ …

ヴァイオリンの読譜

ヴァイオリンの「読譜」は 1: 何の音(ド・レ・ミなど) 2:どこの線(A線・D …

ヴァイオリンの肩当て固定法

「この肩当て、すぐに落ちちゃうんだよ。」 と、Y君。 肩幅があまり広くない方は、 …

ヴァイオリンの構え方

ヴァイオリンを構える時に、最も大切なのは「自然に構えている:リラックスしている状 …

ヴァイオリンの譜読み(音取り)

新しく始める曲。 楽譜をページを開いてから、まずは実際にヴァイオリンを構えて音を …

ヴァイオリンの肩当てに

ヴァイオリンの「肩当て」で人気の高い「KUN 」や 同型の「FOM」などは、何か …