千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

小さなお子様のヴァイオリンの進め方

   

始めてまだ間もないお子様のヴァイオリンレッスン

  1. 足を肩幅に開いて、地球の重力を感じながら立ちます。

2. ヴァイオリンを肩の上に乗せてあごを下ろします。

3. 弓を「落ちない程度に軽く」持ちます。

この3つが出来るようになったら、いよいよヴァイオリンを弾きます。

IMG_9294

 

でも左手と右手の練習は、別々に良く出来るようになるまで練習することが大切です。

ボーイングは、開放弦の練習をします。

左指の練習はピチカートでやります。

ボーイングと左指を両方いっぺんにやっても、なかなか上手くいきません。右手のボーイングを直すと左指がくずれたり、左手を直すと右手がくずれてしまったりします。

この時期は、気長に根気よく(怒らないように気をつけながら)やっていくというのが大切です。

ピチカートで行う練習のポイントは

  1. 指の形がきれいに揃うようにする(特に人差し指の向きに注意)。
  2. 押さえた指を離さない(押さえた指の下の指は一緒に、音程の正しい位置に置く)

です。

ボーイングは、まずは真ん中で小さく使うことから初めます。

はじめから大きく使うと、どうしても弓がまっすぐいかずに弓先や弓元で曲がってしまう場合が多いからです(大人の方はロングトーンからでも大丈夫です)

中弓が出来るようになったら、次に元弓、さらに先弓をやります。

その3つが出来るようになったら、「全弓」をやります。

この段階で、弓を持つ指に力が入ってしまうと、後で力を抜くのに苦労してしまったりしますので気をつけます☺

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンレッスンの前に

「Eちゃんは、今朝1時間練習してからきました。」 今日は朝9時からのレッスン。 …

オーケストラの絵本

先日、MちゃんとRちゃんのお母様から 「教室に置いて、生徒さん皆さんで読んで頂け …

お家でヴァイオリン先生

毎日ヴァイオリン練習をしているYちゃん。 「先日叔父さんが家に訪ねてきた時、Yち …

間もなく3歳のK君のヴァイオリン

「時間はわずかですが、毎日弾いています。」 とお母様のSさんがにっこりおっしゃっ …

ヴァイオリン着実に♫

「HAUCHARD」の49番の音階から弾き始めたCちゃん。 左指の押さえ方(特に …

今月からヴァイオリンレッスンスタート

最初に丁寧にしっかり覚えたいのは、弓の持ち方です。 小さなお子様ほど指に力は入り …

レッスン室の窓からの雪景色

すごい雪! 午後になって、当教室の前の道路の雪も随分溶けたようです(ちょっとホッ …

ヴァイオリンのレッスンノート

今日が2回目のレッスンのCちゃん。 「ヴァイオリンのレッスンノートを用意しました …

雪の日のヴァイオリンレッスン

お日様は出ていたものの いつもより歩くのがちょっと大変な中、レッスンに来てくれた …

草加教室の発表会

来たる9月26日(土)に、草加教室の「ピアノ発表会」があります。 場所は埼玉県草 …