千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

小さなお子様のヴァイオリンの進め方

   

始めてまだ間もないお子様のヴァイオリンレッスン

  1. 足を肩幅に開いて、地球の重力を感じながら立ちます。

2. ヴァイオリンを肩の上に乗せてあごを下ろします。

3. 弓を「落ちない程度に軽く」持ちます。

この3つが出来るようになったら、いよいよヴァイオリンを弾きます。

IMG_9294

 

でも左手と右手の練習は、別々に良く出来るようになるまで練習することが大切です。

ボーイングは、開放弦の練習をします。

左指の練習はピチカートでやります。

ボーイングと左指を両方いっぺんにやっても、なかなか上手くいきません。右手のボーイングを直すと左指がくずれたり、左手を直すと右手がくずれてしまったりします。

この時期は、気長に根気よく(怒らないように気をつけながら)やっていくというのが大切です。

ピチカートで行う練習のポイントは

  1. 指の形がきれいに揃うようにする(特に人差し指の向きに注意)。
  2. 押さえた指を離さない(押さえた指の下の指は一緒に、音程の正しい位置に置く)

です。

ボーイングは、まずは真ん中で小さく使うことから初めます。

はじめから大きく使うと、どうしても弓がまっすぐいかずに弓先や弓元で曲がってしまう場合が多いからです(大人の方はロングトーンからでも大丈夫です)

中弓が出来るようになったら、次に元弓、さらに先弓をやります。

その3つが出来るようになったら、「全弓」をやります。

この段階で、弓を持つ指に力が入ってしまうと、後で力を抜くのに苦労してしまったりしますので気をつけます☺

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

お家でヴァイオリン先生

毎日ヴァイオリン練習をしているYちゃん。 「先日叔父さんが家に訪ねてきた時、Yち …

親子で、ヴァイオリン♫

「絶対音感教育」に続き、「弓の体操」を終えたMちゃん。 いつも、きちんとヴァイオ …

今月からヴァイオリンレッスンスタート

最初に丁寧にしっかり覚えたいのは、弓の持ち方です。 小さなお子様ほど指に力は入り …

ヴァイオリンを学校で

この時期、何人かの生徒さんは学校などの「終業式」「卒業式」の前後にある謝恩会et …

ヴァイオリンのフィンガーボード表

ヴァイオリンを弾くのをとても楽しんでいらっしゃるAさん。そのAさんの質問です。 …

夏休みのヴァイオリン 2

小麦色、楽しい夏休みを想像させる雰囲気の生徒さんたち(*^^*)   …

夏休みのヴァイオリンレッスン

夏休みのお子様達は、学校のある時にはないイベントが結構あります。 (前回のレッス …

ペンパルとヴァイオリンアンサンブル

「小学校1年生の時から文通を続けているお友達と、1年に1回アンサンブルコンサート …

嬉しい、マイヴァイオリン!

来月からレッスンがスタートするKちゃん。 昨日、Kちゃんの新しいヴァイオリンが届 …

ヴァイオリン試奏

先週末に、いつもお世話になっている弦楽店「弦楽器 山下」さんのところへヴァイオリ …