千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンのコンビネーション

   

ヴァイオリンの右手と左手のコンビネーションが上手くいっていないと「いつも同じ箇所で、音が出るタイミングがずれてしまう」「リズムが悪くなってしまう」原因になるかもしれませんので気をつけることが大切です。

ポイントは2つ。

⓵ 弦などの位置を確認しながら左指を置く。(押さえる前の準備)

⓶ 弾く弦を確かめて その弦に弓を置く。(弾く前の準備)

この基本は明確で(簡単そうで)すが、とても大切です。

この基本的な練習は、ヴァイオリンを初めた時から習得するに越したことはありません。

練習する時は、ゆっくりとしたテンポでしっかりと確認しながら弾きます。

 - ヴァイオリンのテクニック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの左指

指を置いたままにする 指を効率よく回すには「上下の運動を少なくすること」が大事な …

ヴァイオリン練習の工夫

練習は「弾けない部分のために時間を使う」と思うことが、短時間で苦手なものをクリア …

ヴァイオリンの指使い(フィンガリング)

フィンガリングは「ほぼ決まっているもの」と「ある程度自由に選べるもの」とがありま …

速いパッセージ

「新しいヴァイオリン教」の2巻の終わり頃から、「コンチェルト(オーケストラをバッ …