千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリンの左指

   

指を置いたままにする

指を効率よく回すには「上下の運動を少なくすること」が大事なポイントになります。

つまり、置いた指は出来るだけ置いたままにする(…もちろんヴィブラートをかける場合などの例外はありますが…)のです。

一度置いた指は、必要でない限り置いたままにしておきます。

これは、ピアノとは決定的に違う運指運動になります。

 

「指を置いたままにすること」には2つの目的があります。

⑴運動量を最小限にする。

2本の指を入れ替えていくより、運動が少なく筋肉の負担が少ない。

⑵音程を安定させる

上行形で正しい音程に置いておくと、下行形では指を上げるだけで、正しい音程が出ます。

「指を全部上げていく」のと「指を置いたままにする」のとを比べると、音程の安定性は「指を置いたまま」の方が良いのは明らかかと思います。

上の生徒さんは二人とも「指を置いたままにする」練習、良く取り組んでいます♫

 - ヴァイオリンのテクニック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンの指使い(フィンガリング)

フィンガリングは「ほぼ決まっているもの」と「ある程度自由に選べるもの」とがありま …

ヴァイオリン練習の工夫

練習は「弾けない部分のために時間を使う」と思うことが、短時間で苦手なものをクリア …

速いパッセージ

「新しいヴァイオリン教」の2巻の終わり頃から、「コンチェルト(オーケストラをバッ …