千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリン練習曲は

      2021/10/15

ヴァイオリンの練習曲「カイザー」「クロイツェル」「ローデ」などは、何のために弾くのでしょうか?

以前、恩師に「練習曲をやらないと、コンチェルトの音は出ません。」とアドバイスをいただきました。

練習曲は、左手指を動かすパターンと、弓を動かすパターンを、自分の中に入れて作業するためです。

これは一度入れたらおしまいというものではありません。

反復して入れていく必要があるのです。

プロのヴァイオリニストでも、必要に応じて昔取り組んだ練習曲を取り出して練習するのです。…左手指の「跳ね上げ」を習得できる「クロイツェル 9番」は有名です。

一流であればあるほど基礎的な練習を怠らないと言いますが、これは音楽演奏のジャンルでもまったく同じです。

つまり、練習曲に完成はないということです。

もともと完成させるという発想とは違うとも言えるのかもしれません。

今練習している練習曲が、どのくらいのレベルで弾けたら次に進めるのだろうかと考える場合には、ある程度練習したら次に行って構いません。

練習曲には必ず、習得を目指すテクニックという具体的なミッションがあります。

それに対して自分がどう取り組むかが問題なのです。

完璧に弾くことは、必ずしも重要ではなく、ミッションがクリアできていなかったら、また戻って取り組むのも良いです。

 

「一音一音バラバラに弾くけれど、左指は重音で音程をとる」ミッションに取り組んでいるRちゃん。

よく練習して頑張っています♪

 

Rちゃんは、「クロイツェル 15番」で「トリル」のテクニック習得を目指しています♪

 - ヴァイオリンのテクニック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのコンビネーション

ヴァイオリンの右手と左手のコンビネーションが上手くいっていないと「いつも同じ箇所 …

速いパッセージ

「新しいヴァイオリン教」の2巻の終わり頃から、「コンチェルト(オーケストラをバッ …

ヴァイオリンの指使い(フィンガリング)

フィンガリングは「ほぼ決まっているもの」と「ある程度自由に選べるもの」とがありま …

ヴァイオリン演奏での速度

「速度」に関しては、3つのポイントがあります。 ⓵テンポ ヴァイオリンだけに限っ …

ヴァイオリンの左指

指を置いたままにする 指を効率よく回すには「上下の運動を少なくすること」が大事な …

ヴァイオリン練習の工夫

練習は「弾けない部分のために時間を使う」と思うことが、短時間で苦手なものをクリア …