千歳船橋駅徒歩5分。世田谷区桜丘でヴァイオリンを習うなら。

武田ゆりヴァイオリン教室

ヴァイオリン練習の工夫

   

練習は「弾けない部分のために時間を使う」と思うことが、短時間で苦手なものをクリアするポイントになります。

自分で「苦手なところに気づいた」ら、レベルアップのチャンスです。その場所が弾けるようになれば、その曲がキチンと弾けることになります。

苦手(難しい)ところを短く区切って「音と指と頭でしっかりと確認」します。

次に、その音に向かって少しずつ音を増やしていきます。

この練習方法は、アメリカの音楽院の公開レッスンでも行われていました。

 - ヴァイオリンのテクニック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリンのコンビネーション

ヴァイオリンの右手と左手のコンビネーションが上手くいっていないと「いつも同じ箇所 …

ヴァイオリンの指使い(フィンガリング)

フィンガリングは「ほぼ決まっているもの」と「ある程度自由に選べるもの」とがありま …

ヴァイオリンの左指

指を置いたままにする 指を効率よく回すには「上下の運動を少なくすること」が大事な …

速いパッセージ

「新しいヴァイオリン教」の2巻の終わり頃から、「コンチェルト(オーケストラをバッ …